エスプリフォト・エージェンシー(東京・銀座)


弊社のカメラマンについて

●カメラマンには、特に資格があるわけではありません。実績や経験がなくても、誰でもカメラマンだと名乗ることができ、プロとアマチュアの線引きも曖昧です。著名なカメラマンならまだしも、一般のプロカメラマンの実力について、推し量ることは、通常はなかなかできません。
●写真業界で長い経験を持つクリエイティブ・ディレクターが、カメラマンの作品、実績等を厳しく審査し、それにパスした者だけが弊社に所属し、さらに挙式専門のカメラマンとして、十分な経験を積んでいます。
●カメラマンに対して、弊社では、テクニックやセンスだけでなく、人間性についても高いレベルのものを要求しています。おふたりにとって、大切な晴れ舞台です。不快な思いをさせてたり、怠慢な仕事したりしないよう常に全力で仕事のできる人材であること、それが弊社のカメラマンの絶対条件です。


増田 桂一 (47歳):クリエイティブ・ディレクター 
多くの著名な写真家を輩出しているプロダクション、オメガ・フォト・ビューローに五年間所属。その後、ロンドンで語学学校に通う傍ら、広告写真の技術を学ぶためBrixstone Photography & Arts School で研修。修了後、ライアンマルチメディア社(ロンドン)に所属し、情報誌「Sync」の撮影スタッフとして活躍する帰国後は、米国製化粧品、サプリメントなどを販売するニュー スキン ジャパン(株)のクリエイティブサービス部に所属し、コンベンション、セミナー等のイベント撮影のディレクション業務を行った。エスプリ・フォト・エージェンシーでは、その豊富な経験を生かし、人材発掘からさらに上を求める厳しい管理で、クライアントから高い評価を受けている。

カメラマン略歴

●塩谷 淳(45歳)
獨協大学法学部卒業。写真家 坪内隆直氏率いるヴェガ・インターナショナルに四年間所属。その後、渡英し、ライアン・マルチメディア社で、情報誌「Sync」の撮影スタッフとして活躍する
帰国後、フリーランスとしてイベントや広告撮影、さらに情報誌「The Catazine」(CBSソニー)の撮影スタッフに加わる。
「The Catazine」休刊後、2004年よりエスプリフォト・エージェンシーに所属する。
現在ではブライダル業界で最も多くの経験と才能のカメラマンとして知られ、素晴らしい作品の数々を提供している。


●小久保晴彦(42歳)
東京ビジュアルアーツ専門学校卒業
広告代理店に入社し、広告撮影の仕事に携わる。
退社後、世界を周り、フォトライブラリー向けの観光地の景色を大判フィルムで撮影。
帰国後、エスプリフォト・エージェンシーに所属し、現在では結婚式専門のカメラマンとして、多くの信頼を得て活躍している。

●吉成孝浩(38歳)
専修大学経済学部卒業
写真家、郷沢敏夫氏の元で修行。
その後、フリーランスとして主に自動車雑誌などの業界で活躍。
雑誌業界が縮小するなか、各種イベント撮影の仕事をするようになり、さらにエスプリフォトエージェンシーにも登録し、経歴の幅を広げる。現在では軸足を完全に結婚式専門のカメラマンに移し、その才能を遺憾なく発揮している。





エスプリ・フォト・エージェンシー
Tel:03-3551-3701


Copyright(C)Esprit Photo Agency, All rights reserved,